キャッシング(借入)をする時に必要な物について

キャッシングの申し込みで必要な物が分からない方や勘違いをしている方が多いようです。キャッシングやカードローンなど借入のための審査に必要な物は一般的に、所得が分かるもの、身分証明書、他からの借入状況がわかる物です。所得については、キャッシングの場合、総収入の3分の1に法的に制限がありますので確認されます。キャッシング利用の際の審査書類としては、源泉徴収票や確定申告書などが一般的ですが、数カ月分の給料明細でもよいとされることもあります。身分証明書については、免許証や保険証が一般的ですが、パスポート、学生証でも可能となる場合もあります。他からの借り入れ状況が分かる物については、自己申告で借入総額と借入件数を申込書に記載すればよいことになっています。他からの借り入れ状況については、借入状況を管理している情報管理会社があり、申込人の同意を取った上で借入状況を取得して審査に利用することになります。情報管理会社は金融機関や消費者金融が集まって出資、運営しており、個人の借入情報をすべて保管しています。情報については、カードローンやキャッシングをいつ、どこで、どのくらい借りたか、また、いつ、どこで、いくら返したかを保管しており、カードローンやキャッシングの審査する際に重要な判断基準とされる、他からの借り入れ状況の確認や、すでにサービスをしているローンの更新判断、または、利用限度額の増額の判断にも利用されています。