月別アーカイブ: 2014年6月

キャッシングサービスのあるおすすめの会社について

比較サイトを見てみると、キャッシングサービスに関しての企業を選ぶことができます。借入をする本人の状況や優先させるべきもので、比較をするといいでしょう。一般的には、金利が低くて審査スピードが早くて借入限度額が多い会社がおすすめです。ほとんどの比較サイトで、同じようなキャッシングサービスを取り扱っている企業を掲載しています。

それは、テレビコマーシャルに何度も出演しているような有名企業だからです。知名度が高いと、安心して借入をすることができます。また、金利は企業によって若干異なりますが、大きな変動はありません。あるとすれば、無利息で貸し出しを行っているサービスをあつかっているかどうかくらいでしょう。無利息での貸し出しは、借入の期間が1ヶ月未満の新規顧客のためのサービスとなっています。有効活用することができれば、利息を支払うことなくキャッシングが利用出来ます。

おすすめの大手のキャッシングの企業は4社くらいあります。どれも知名度が高く、名前を聞いたことがあるような会社です。初めて利用をする人は、まずはこの4社を比べて自分にあった企業を選出してみましょう。慣れてくれば、キャッシング企業の見極め方やみるべきポイントが見えてきます。そうなってくれば、中小企業で借入をしてもいいかもしれません。

最初は、いろいろ不安でしょうがサービスも実績も確かな会社を選ぶのがベストです。利用する前には、必ず下調べをしましょう。

キャッシング(借入)をする時に必要な物について

キャッシングの申し込みで必要な物が分からない方や勘違いをしている方が多いようです。キャッシングやカードローンなど借入のための審査に必要な物は一般的に、所得が分かるもの、身分証明書、他からの借入状況がわかる物です。所得については、キャッシングの場合、総収入の3分の1に法的に制限がありますので確認されます。キャッシング利用の際の審査書類としては、源泉徴収票や確定申告書などが一般的ですが、数カ月分の給料明細でもよいとされることもあります。身分証明書については、免許証や保険証が一般的ですが、パスポート、学生証でも可能となる場合もあります。他からの借り入れ状況が分かる物については、自己申告で借入総額と借入件数を申込書に記載すればよいことになっています。他からの借り入れ状況については、借入状況を管理している情報管理会社があり、申込人の同意を取った上で借入状況を取得して審査に利用することになります。情報管理会社は金融機関や消費者金融が集まって出資、運営しており、個人の借入情報をすべて保管しています。情報については、カードローンやキャッシングをいつ、どこで、どのくらい借りたか、また、いつ、どこで、いくら返したかを保管しており、カードローンやキャッシングの審査する際に重要な判断基準とされる、他からの借り入れ状況の確認や、すでにサービスをしているローンの更新判断、または、利用限度額の増額の判断にも利用されています。

キャッシングの申込方法の種類について

現金を借りることができるキャッシングの申し込みにはいくつか申込方法の種類があります。一つ目はクレジットカードの申込時にキャッシング機能も同時に申込方法です。この場合は、クレジットカードの審査とキャッシング機能の審査が同時に行われるので書類も一緒で構わないので手間も少ない方法です。2つ目として、すでに持っているクレジットカードにキャッシング機能を追加する場合です。この場合は、新たに書類が必要となりますが、クレジットカードをすでに使っていれば実績として考慮される場合も多いようです。
キャッシングの申込方法にはいくつかの種類がありますが、どのタイミングで申し込む場合にも必要な書類はだいたい同じ事が多いようです。一つは、所得が分かる書類です。月給でいくらもらっているかを確認することが多いようです。そのため、会社から年末に発行される源泉徴収票等の年収が分かる書類ではなく、給料明細を求められる場合もありますので、所得を考慮する際、年収なのか月収なのか、必要書類の説明書はよく確認することが重要です。2つ目は、身分証明書です。クレジットカードをすでに作っている場合でも、本人確認を再度行う場合が多いようです。確認書類としては免許証、保険証、パスポートなどを求められることが多いようですが、ローン会社によっては、数カ月分の光熱費の明細でも本人確認ができる場合もあり、必要書類の説明書はこちらも確認が重要です。

キャッシングの返済方法の種類について

キャッシングがさまざまな消費者金融や金融機関からサービスされ利用しやすくなっています。キャシングは現金を借りられる手段ですが、以前のように専用のATMから借りるのとは別に、クレジットカードや専用のカードを使って24時間、コンビニや銀行のATMから引き出すことが出来るようになっています。借りる手段としてキャッシングは大変便利になっていますが、返済についても個人個人のライフスタイルに合わせた多くの種類の返済方法が用意されています。
キャシングの返済方法の種類の一つとしてとても便利なのが、コンビニのATMを使っての定期返済や、繰り延べ返済です。これまでのキャッシングでは専用の窓口か、金融機関のATMのみの対応が多かったのですが、コンビニのATMを利用できることで、24時間好きな時に借入、返済ができるようになり、キャッシングがさらに身近になっています。
キャシングが便利になったことで、これまでのサラ金や悪徳業者が提供しているという悪いイメージを払拭できています。キャッシングは法律的にも利用限度額に制限が加えられたり、消費者金融、金融機関でのキャッシングの取り扱いについて厳正な仕組みづくりを求めるなど、現金を借りるという便利さがある反面、借りすぎなどの危険性についてきちんと対応できる仕組みを求められ、また、利用者の要望もふまえて進化しています。これまでは定期返済のみだったものを繰り上げ返済ができるようにした点もこのような仕組みづくりから生まれた利用者の要望に答えた仕組みと言えます。

キャッシング特集!銀行系と消費者金融系の違いについて

キャッシングを行う金融機関には、大きく分けて銀行系と消費者金融系の2つがあります。このうち銀行系はカードローンが主体で、審査は比較的厳しく、正社員、あるいは公務員といった、一定額以上の定収入のある人にお勧めです。自宅が本人名義でないと借りられないこともあります。その代わり金利は低くなっており、年間15パーセントを超えることはありません。
一方で消費者金融系は、審査が緩く、定収入があれば、パートでもアルバイトでも借入ができます。もちろん賃貸物件に住んでいても借入可能ですし、自営業の人にとっても便利です。その代わりこちらは、金利が高めで、上限金利は年間20パーセントです。ただし業者によっては、18パーセント程度の所もあります。
これ以外にも、両者には違いがあります。それは総量規制です。これは消費者金融のキャッシングのみにあるもので、2010年施行の改正貸金業法に定められているものです。借りすぎを防ぐために、年収の3分の1以上のキャッシングをすることができなくなっているため、もし他の消費者金融からも借入があった場合、キャッシングの総額が年収の3分の1以上になると、新規の借入はできなくなります。消費者金融で申込をする場合は、この点を注意する必要になります。
また、銀行系消費者金融というものがあります。これはかつての消費者金融が、銀行の傘下に入った物なので、銀行ではありません。審査も消費者金融の基準で行われますし、もちろん総量規制も存在します。

キャッシングの利用と会社への連絡について

どうしてもお金が足りなくて困っている時にキャッシングを利用することもあるでしょう。ただ、これは会社に連絡されるんじゃないかって心配する人もいるようです。基本的には、会社に連絡するということはありません。それどころか、親だとか親族にさえ知られる心配すらないのです。だから、キャッシングを安心して利用することができるでしょう。

会社に本当に本人が在籍しているのかを確認することがないわけではありません。連絡することもあるとはいっても、自分がキャッシングを利用している事がわからないように確認しています。どのような方法で確認をするのかというと、電話を入れるのですが、「○○さんはいますか」というようなことを言うだけです。そのような社員はいませんと言われるのか、つないでもらえるのか、席をはずしているだけだと言われるのかで在籍しているかどうかを確認しているのです。このような方法ですから、まず、自分がキャッシングを利用しているとは気が付かれないでしょう。よほどのことがない限りは、誰にも知られなくて済みます。

きちんと返済をしているということも大事なポイントです。返済が滞ってしまうことがなければ、特に連絡をする必要もありません。会社にばれると思って利用を渋っている人も少なくないでしょう。決して会社にキャッシングをしている事が簡単にばれるということはありませんので、余裕を持って返済計画を立てて利用してみてください。

キャッシングの借入金の増額方法について

利用限度額いっぱいまでキャッシングサービスを使った場合には、増額をするという方法があります。他の企業で新しく借入をすることもできますが、増額をするほうがメリットがあるのです。借入件数を増やさなくても良いことと、月々の返済金額を極端に大きくしなくても良いのです。さらに、キャッシングを扱っている企業の管理も1社の方が簡単です。

キャッシングを利用するときには、いくつかの注意点があるのでそれを守るようにしましょう。借入金の増額をしたい場合には、返済期日は絶対に守るようにしましょう。これは、企業と信頼関係を作るためです。一回でも返済期日に遅れると、返済能力が低いと判断されたり、約束を守れない人と判断されるのです。次に借入と返済を繰り返すことによって、きっちりと取引の実績を作っておくことです。キャッシングで増額をするときに、実績がない人に追加での融資はしてくれないからです。

借入金が最初に低くても、実績を積んで誠実に取引をすることによって企業側から案内が来ることもあります。そのときに、お金が必要な場合には融資を受けるのも良いでしょう。増額をする場合には、審査を再度受ける必要があります。このときに、借入金が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になる場合があります。自分の借入金額や他社から借りている人は、他社からの借入金額を把握しておきましょう。

最近は総量規制がかかっているので、年収の3分の1を超える増額は行われません。

(小口さん(仮名)/25歳女性/三重県在住/職業:エステティシャン)

普段は仕事場と家の行き来だけで、なかなか余裕のない私ですが、唯一の趣味といえば、楽器を演奏することです。小さいころからずっとピアノを習ってきました。ストレスの多い職場、でもピアノを弾いていると、心が癒されて、ストレス解消になります。今は一ヶ月に二回、レッスンに通っていて、いつも楽しい時間を過ごしています。
そんなある日、友人に誘われてコンサートに行ったときに、色々な楽器の演奏を聴くことができました。その中で、フルートの音色に魅せられてしまいました。あの軽やかな、やさしい音色・・・。私もぜひ吹いてみたい、と思うようになりました。
しかし、フルートは、まず楽器を購入しなければいけません。フルートは、値段は安いものから高いものまで、さまざまですが、どうせ購入するなら、あまり安いものはやめておきたいなあと思いました。しかし、お金が足りません・・・。そんな時、友人に教えてもらったのが、銀行系キャッシングです。キャッシングはちょっと抵抗があるわ〜という人でも、銀行系なら、安心して借りることができます。私も、キャッシングを利用してみることにしました。手続きは、面倒かな〜と恐れていましたが、そんなことはなく、思ったよりも簡単に済みました。そして、あこがれだったフルートを購入しました!シルバーに輝くフルートを眺めていると、思い切って購入してよかった!と思いました。もちろん、これから、一生懸命練習をして、色々な曲が吹けるようになりたいです。

(浜崎さん(仮名)/58歳男性/島根県在住/職業:プログラマー)

資格試験を受けるために勉強をしてきたのですが、お金を使う機会が多くて手持ちの現金がなくて試験代が支払えず給料日までまだ先なのにどうしようと思っていたときにキャッシングのことを思い出しました。キャッシングをするのは初めてだったのですが、インターネットから申し込みをすれば自宅からでも取引ができるということだったので日中は仕事をしているから店舗に行く手間が省けると思って利用しました。店舗に行くのを誰かに見られたら嫌だなと思ったというのもあります。キャッシングには審査があるからそれなりに現金が手に入るまでに時間がかかると思っていたけれど、ネット上で審査ができてしかも審査が降りたらすぐにキャッシングの手続きがされたのであっという間にお金が振り込まれたのでびっくりしたし銀行で口座を開くよりも手続きが簡単でした。結局店舗には一度も行かずにすべて自宅から自分の都合のいいときに申し込みができたのでとても便利だと感じました。そのお金で無事に試験代を支払うことができて試験にも合格できました。キャッシングで借りたお金は自分の経済状態にあわせて負担がない金額を設定できるしコンビニのatmからでも返済できるので今は気がついたときに返済をしていっています。お金を貸してほしいときは、今すぐということが多いのになかなかすぐには貸してくれないところが多いので本当に助かりました。また何か困ったことがあったときにはぜひ使用したいです。

(早坂さん(仮名)/52歳女性/宮崎県在住/職業:専業主婦)

学生時代の友人から、オペラ鑑賞に行かないかと誘われました。
専業主婦だから、お金も時間もあるでしょ、との事だったのですが、子供が私立の学校へ進学した為にこれから何かとお金が必要な時期で、こっそり貯めていたへそくりも使い果たし、正直、余裕はない状態でした。
ですが、専業主婦で生活ができていると周りに散々自慢していた手前、今更お金がないとは言えず、オペラ鑑賞に行く事になりました。
ただ、オペラ鑑賞にかかるお金は安くはありません。
主人に相談しようかと思ったのですが、行くなと言われそうで、相談できず、悩んでいた時に、キャッシングの広告が目につきました。
キャッシングに限らず、借金関係は抵抗がある方だったのですが、今はその広告が救世主に見えました。
ですが、すぐに飛びつくのは怖く、ネットで利息などを調べて、これなら利用しても大丈夫そうだという事を確認してから、審査の申し込み手続きを始めました。
キャッシングなどは、無人契約機のイメージがあったのですが、今はパソコンや携帯から申し込みが可能な上、来店不要なのはとてもありがたかったです。
そして、その日のうちにキャッシング利用可能になり、本当に助かりました。
オペラ鑑賞当日、食事も一緒に行こうと言われ、それにも付き合う事になった時は、キャッシングの申し込みをしておいて本当に良かったと思いました。
これからは、更に節約を心がけて、少しずつ返済していこうと考えています。