月別アーカイブ: 2014年10月

キャッシングカードを友達が使っている問題点について

キャッシングカードを契約したけれど、使わないから友達にカードをかしていて、現在はその友達が使っている。このことの問題点ですが、名義貸しになりますので、本来であればだめな行為なのです。ただ、キャッシング会社の知らないところで、把握していないところで使っていると、それはとめようがありません。その友達が、きちんとカードを使用して借りたお金をきちんと返済をしていれば問題ないのですが、滞納してしまった場合は督促、請求が契約者である本人のもとへいきます。いくら自分は使っていない、借りた覚えはない、使っているのは友達だからその友達に請求しろといっても、契約者はあなた本人であるためキャッシング会社も契約者以外のところに請求することはできません。返済義務は契約された本人にあるのです。キャッシング会社よっては、このような名義貸しが発覚した場合は、契約内容により分割ではなく一括請求する可能性もありますので、だめな行為なのです。